配当金収入 2020年10月

資産報告

マイナー外科医です。楽天証券での投資信託、iDeCoは老後のための予算にしていますが、SBI証券・マネックス証券での特定口座は高配当・連続増配株・ETFに投資して配当金を受け取る方針です。

2020年10月の配当金収入を報告します。

外国株

ティッカー銘柄税引き後配当額()
1ARCCエイリス・キャピタル58.83
2CSCOシスコシステムズ16.55
3KOザ コカ・コーラ カンパニー3.69
貸株0.26
合計79.33
※赤字・青字はそれぞれ前4半期よりアップ・ダウン

合計:79.33ドル

今月は残念ながら今年の目標である月10000円以上は達成できませんでした(1ドル100円計算)。しかし、4,7月の4半期と比べると6.89、57.9ドルと着実に増加しております。

ARCCCSCOの買い増しが今回の配当金増加に繋がりました。またKOARCC共に指値が刺さって口数が増えていたので、減配さえなければ次の4半期は10000円超えられそうです。頼むぞARCC(一応アナウンスでは1株あたり0.4ドルの配当予定)、頑張れCSCOKOはそのままでいいです。

合計

2020年10月 0円(日本株)+7933円(外国株)  7933円

計算めんどくさいので、1ドル100円換算にしてます(11/2時点で1ドル104円半ば)。日本円に戻すことはなく再配当するので、わかりやすいようにしています。

外国株からの配当金10000円/月には至りませんでしたが、先ほど述べたように順調に増加中で来年は10000円を超せそうです。

累計配当金

2020年10月時点 累計配当金 343302円 

一昨年あたりから初めて株式の配当金を受領し、その累計額。決して右下がることのない幸せのグラフです。

日本株の配当金を含めると今年中に40万円は超えそうですが、45万円にはとどかないでしょう。41,42万円辺りでしょうか。

まとめ

2020年9月の配当金は7933円、累計配当金は343302円でした。

少ないですが前4半期より増えているので、減配があった先月の17600円より嬉しいです。

一度手にしたものが減るのは心理的にかなりつらい(減配等)です。総資産額もしかり。その点、決して減らない累計配当金額は心を落ち着かせてくれますね。しかも基本的によっぽどまずいことにならなければ、その傾きは指数関数的に増えていく予定。数年後が楽しみです。

日本株の配当はお小遣いへ、外国株の配当金は再投資に回していきます。配当金が生活費を賄えるようになれば仕事引退、もしくはセミリタイアできますね。それまでは愚直に積立を継続していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました