資産状況 2020年3月

マイナー外科医です。生活防衛費を除いた毎月月末の資産の推移を発表していきます。6月からブログを始めたので、6月分を最初に報告していますが、中途半端なので連日遡って昨年末から発表していきます。今回は3月分です。以下、±は前月末との比較です。

現金

方針:何に使おうが自由。でもほとんど妻の接待に消えます。

合計:3045797円(-462805円)

働いている時間はほぼ同じなのに、3月分の残業代がいつもの半分以下と異常に少ないことに疑問。総務に問い合わせたら「あぁ、計算間違いでした。」と軽い返事。言わなければそのままだったかもしれず恐怖です。それを反映してちょっと少なくなってます。

それ以上に株の買付が現金減少に寄与しています。3月頃から徐々に買付開始。振り返ればタイミング的には遅かったし、少なかったですけどね。

日本株

方針:優待もしくは連続増配株を選択。しばらく放置。

合計:2602850円(-249370円)

いや~下がってます(笑)。才能ナシ!ですねぇ。

投資信託、iDeCo

方針:

  • 楽天VTIは50000円をカードで買付。タイミングで+10000円追加。楽天Pを500円get。
  • eMAXIS slim新興国株を5000円。
  • さらに楽天Pで3000~5000円分どちらかを追加買付。計68000~70000円/月。
  • iDeCoは12000円をセゾン資産形成の達人ファンド10%、eMaxis slim新興国株式15%、eMaxis slimバランス(8資産均等型)30%、eMaxis slim米国株式45%に振り分け。iDeCoは控除メインに考えており、スイッチングに手数料かからず、額も大きくないので割と自由に遊んでます。

楽天証券

楽天VTI:653044円(-41692円)

eMAXIS slim 新興国株式:8799円(+3895円)

iDeCo口座:101193円(-1643円)

合計:830557円(-39440円)

下がってきたので、ちょっとVTIを厚めに買付。あとはもう淡々とルールに従って買付。

外国株

方針:ETFはSPYDがメイン、個別株は高配当株がメイン。月25万円以上の買付目標。

SBI証券

特定口座:2489063円(NISA口座含む)(-173913円)

MMR:69910円(-627450円)

マネックス証券

特定口座:133644円(+133644円)

合計:2692617円(-667719円)

思い切って(少額ですが)ARCCを買付。結果的に2020年7月時点から見るとほぼ底値で、倍近い上昇になりました。配当金も買い付け金額からするとエグイですね。BDC株の利点です。

全体的には評価額減少してますが、パニックにならずむしろ楽しく買付できてましたね。もっとしたらよかった後悔。

まとめ

2020年3月末の運用資産額は8994308円(-1419234円)でした。

いや~すごい減少(笑)。残業代が通常通り振り込まれていたらもっと買付できたので今更ながら勤務先へ怒りが。言い換えればまだまだ給料からの補填が効くレベルです。

面識はないですが、医者で投資もされている方のブログでは(数億円運用している大先輩、といっても30台半ば)は1億円以上評価損あるみたいです。それでも全然悲壮感はなさそうですね。

運用額が大きければそれだけマイナスが多く、本業からの補填が難しくなってきます。その時安定した精神を保てるかは正直自身がないです。

明日は2月分報告します。予定投稿のやり方が分かった(たぶん)ので、朝6時に投稿してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました