自分なりのFIREをしていきたい メタボリックFIRE

マイナー外科医です。ブログ、投資界のある一部でFIRE(Financial Independence, Retire Early)が話題になっております。直訳すれば経済的に独立し早期退職する、という意味になりますが、それだけに留まらず自分の望むような人生を送ることを目標にするムーブメントです。

日本では三菱サラリーマン(穂高唯希)氏さんが1番有名ですね。実際30歳(!)で見事FIREを達成され、ブログを拝見すれば有意義な生活を過ごされているのがわかります。ほんとに凄いし、素直に羨ましいです。ご存じない方は1度ブログを見ることをお勧めします。

マイナー外科医もFIREしたい

両親共働きの家庭に育ったマイナー外科医。食べるのに困ることはありませんでしたが、決して贅沢はできない生活でした。周りの友人のおもちゃ、ゲームが非常に羨ましかった。プレイステーション、セガサターンが流行している時にようやくスーファミが中古で買えるような子供時代です。

ただ親の教育のおかげで医学部に入学でき、ありがたいことに医者として勤務できています。どうしても自慢になりますが、世間一般と比べて間違いなく高収入です。しかし、やはりお金の心配は尽きません。特に老後、80、90歳になって困窮するようなことがないのか。体調を崩したらどうなるのか。

医療系で勤務している方ならおそらく理解してくれると思いますが、経済的に困った患者をたくさん見ているからですね。そしてそれに伴うトラブルも。

お金が無い事で兄弟・親子の関係が破壊され絶縁状態の方や、また親の年金・生活保護に頼る親族のために、患者にとってはとても幸せといえない終末期を過ごす方もみています。

病気・事故はある日突然誰に対しても訪れるものですし、結婚式当日に事故で帰らぬ人に・・など、まるでドラマと思うようなタイミングで不幸なことに見舞われる方もいらっしゃいます。等しく皆病人になりますし、ある日突然収入が途絶える可能性もあるんです。

患者の話だけでなく、定年を超えて働かざるを得ない医者達が最新の治療方針に明らかについていけていない状況をみて、自分は絶対こうなりたくないと強く感じています。まあ40、50代でも古い治療に固執し、後輩にもそれを強要するような「老害」扱いされる医者も多数いるんですけど。

話がそれてしまいましたが、お金にまつわるトラブルを回避したい。その為には、やはり十分な資産をもって経済的に自立することが前提になると考えています。不況や、政府の増税、リストラに合うなどがあっても生活に困らない。これもFIREですね。

FIREにむけて

FIREするためにはお金を増やしていかなければいけません。下記の記事のように

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

の公式が成り立ちます。稼いで、節約して、それを資産運用に回すということですね。

マイナー外科医は手取り収入の30%超を資産運用に回しています。明治~昭和にかけて巨万の富を築いた本田静六氏ですら手取りの1/4、25%なので頑張っている方なのかもしれません。

ただし、本田静六氏は当初大学職員で、お世辞にもそれほど高給取りではありませんでした。そんな中でかなり生活を切り詰め、妻、親にも協力してもらい投資元本を捻出しております。

みつ

片やマイナー外科医は節約を頑張ろうとはしているものの、生活費が60万超とかなりの浪費生活。特に夫婦そろっての趣味が旅行と美味しいものを体験したいとのことなので必然的に遊興費がかさみます。

30%超を投資に使えるのも医者の高収入が大きく関係しています。もし、今の段階で就労不可になればたちまち生活苦になってしまいます。

三菱サラリーマン氏の様に高給にもかかわらず生活費を10万円台にするなどはとても不可能です。しかしその不可能なことを実践したからこそ、取り組み始めて数年でのFIRE達成ができたんですね。

その他FIREを目指している人・した人も、程度の差はあれかなり支出を抑えてる方が多いというかほぼ皆ですね。無駄なことには一切お金を支払わず、節約術にたけておられる方がばかりです。

そんな方達を体型に例えると、無駄肉が一切ない細マッチョボディか、長身細見モデルになります。

体型が細ければ(節制ができれば)、必要カロリー(FIREに必要な資産)も減りますね。

かたやマイナー外科医は現実世界の体型と同じく、資産運用の面でも「固太り」体型もしくはただのメタボリックです。まだまだそぎ落とせるところは多々あるはずなんですがこれがなかなか難しい。

家計費30万も渡しすぎたと思っているし、住居費も高い。携帯代、電気代も安いプランに変えたいけどしがらみがあって今のところ手を付けられていない。趣味にかけるお金もできる限り減らしたくない。子供ができたら教育費がさらにかかります。

となると、収入を増やすしかないですが累進課税による重税が足かせになってしまいます。妻は生涯専業主婦宣言してるし・・。どないしょ。

今のところFIRE達成までの必要資産が大幅に増えてしまっています。他の人が10~15年で達成できる所を20年以上かかる気配。本気でFIREする気概がないから節制できていないと言われればそれまでなんですが。

まとめ

今のところFIRE達成した人は支出を極限まで減らしたスリムor細マッチョ型のFIREの方々です。

マイナー外科医はそれがどうやらできそうにないので、メタボリックなFIREを目指していきます。もしできたら、今のところFIRE界の激レアケースになりそうですので、ぜひとも応援してください。

現実世界の体型でも細マッチョになるべくダイエットしております。どちらか先に達成できるか、正直自分でもわかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました