マイナー外科医10年目の収入と支出公開します!

マイナー外科医です。自分の資産運用を見直すにあたって、まずは現在の収入と支出を見直すことが大事ですね。そこで自分の実際の収入を報告してみました。

医者の収入ってどれくらい?

医者同士でも具体的な給与の話はあまりしないんじゃないでしょうか。

お酒の席で「月100万円超えた!」、「あの人年収2000万円もらってるらしい」、「所得税率また上がったわ~」とかは話題になりますが手取りなのか額面かで大きく違いますしそこまでは聞かないし、なにより本人が手取りがいくらかは自覚してないですね。

m3のサイトでは医者の平均給与は1807万円、そのうち勤務医で1643万円、開業医は2753万円でした。(下記サイトの一つ目は医療関係者以外閲覧できません。)

診療科別に見た、「平均年収トップ」の科は…
LIFESTYLE編集部では、医師会員の皆様にライフスタイルに関するアンケートを2020年2月に実施しました。勤務先の区分や診療科といったキャリアに関することのほか、年収、保有資産、お小遣いの額といっ
勤務医師の平均年収は800~1000万円!年齢別年収推移や医科別の年収について完全解説|平均年収.jp
勤務医師の年収給料・ボーナス、年齢別の年収推移や医科別の年収。また仕事内容やなる方法など多く医師に関する情報をまとめ解説します。平均年収.jp
医師(医者)の平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!
この記事では、医師の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから医師を目指す方も、現在医師の方も、医師の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデー...
【特集】医師の年収を診療科、都道府県、年代で解説|医師の転職・求人情報ならメディゲート
医師の収入、職場環境、キャリア…医師にとっての「満足」とは何なのか?お金の面から考えてみました。性別、年齢、病院の経営母体別、都道府県別、診療科別の視点から、気になる医師の年収に迫ってみました。

その他のサイトでも勤務医の平均は1200~1800万円とかなりばらつきがあります。回答する人の科・勤務先などの属性が違うからでしょうか。twitterなどでは勤務医でも2000~3000万超、数千万後半など景気のいい話もありますが、平均的な勤務医では専門医取得するころに、だいたい額面で1200万円は超えてくるんじゃないでしょうか。

現在、マイナー外科医は3次救急病院勤務です。3次救急病院では当直中【なんでもあり】で患者が受診します。一般的な怪我、発熱から交通事故、多発外傷、脳・心血管疾患、吐血、急性アルコール中毒、自殺未遂…etc。ほんとになんでもありなのでめちゃくちゃ忙しいです・・ 

しかし、忙しい病院ほど給料が低い傾向なのが医療業界。特にネームバリューのある病院は待遇が悪くても経験を積みたい医者が集まるからでしょうね。現在の勤務先もご多分に洩れず、今まで勤務した中で基本給は最安レベルです・・ 

なので部長に伝えたうえで(部長もしてる)、闇営業(裏バイト)もしています。以下はそれを含めた大体の額面収入です。

額面収入 月130~150万、年1800万

メイン病院:約100万円 その内残業代約30万(残業時間80~100時間超がほとんど、でも60時間程度の申請) 当直月2回 当直は全く眠れない

メインからの派遣当直:1回9万円、月1~2回  平日夜 ほぼ寝当直

自分で探した当直①:1回8.5万円 月1回 週末 2次救急で救急受け入れや入院症例でインセンティブあり 忙しくても3,4時間は寝られる

自分で探した当直②:1回4.5~万円 月1回 日曜の老健施設 寝当直(コールほぼなし)

スポットバイト:1回5~9万円 外来、保険外クリニックでのバイト かなり楽な案件  週末の寝当直も条件(妻に怒られないよう)が合えば。

上記で大体合計130~150万円くらいになります。年収としてはボーナス含めて1800万円ちょっと、激務のメイン病院からはギリギリ1000万円超えるくらいですね。これが多いのか、少ないのかは自分では正直わかりません。

手取り収入 月105~120万円 ただし、実際は100万円程度

ここからめっちゃ引かれます。特にメイン病院からは30万円弱引かれてます。総計105~120万円ちょい。ただし、確定申告でさらに50~80万円程度払うことになります。バイトが多い医者ほど確定申告時に払いますね。しかも前年の申告納税額が15万円以上なら予定納税という前払いもあり・・・

均せば月100万円になります。iDeCoやふるさと納税、保険金などの節税で変動しますが、手取りは大体年1200万円ですね。600万円も額面から消えていくのです。

扶養控除も無いし、年収制限に引っ掛かかれば助成金なども使用できないことが多いため、思っている以上に可処分所得は少ないです。

支出 固定費高いです・・

資産運用:31.2万円+α 内訳:VTI5万円+外国株・ETF25万円+iDeCo1.2万円

家計費:30万円→妻へ渡し余れば自由に使っていただきます。向こうが使う分には明細などは基本的にチェックしません。食費、日用品など。交渉の上この中に夫婦の携帯料金・ネット代、外食代も含まれます。

住宅費(駐車場代含):18万円→駐車場代が3万します・・

積立貯金:5万円→旅行・家財などの出費に備えて貯金

両親へ仕送り:4+4万円

遊行費:1~2.5万→主に飲み会。断れないのもあるんです。

水光熱費:1~1.5万円

保険:0.5万円 明治安田生命【じぶんの積立】→節税対策で。おススメ!

車の保険・維持費:0.6万円

ガソリン代:0.4万円→最近は楽天ポイントで支払うので実質0円

交通費:0.5万円

その他:1万円

余った分は基本的に投資へ回します。改めて支出の多い家計だな・・

自分自身には物欲があまりないと思うんですけど、節約している人からメタボな家計。尊敬する三菱サラリーマン(穂高唯希)さんに言わせれば「気合が足りません…!!」って言われると思います。ほんと足りなさすぎですね。

まとめ

10年目、マイナー外科医、3次救急病院勤務、既婚の給料と支出を公開しました。

一般的に総資産が年間支出の25倍あればリタイアできるとのこと。資産運用と貯金以外で考えると月60万ちょっと、年720万なので、1億8000万貯める必要がありますね。果てしない・・。支出を減らすことができればより早い達成が見込めますが今後子供が誕生すれば育児費用も掛かりますしね。

資産運用しつつ、支出を減らしてFIREFinancial Independence, Retire Early )を目指します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました