ストイックでなければ資産運用はムリなのか?

マイナー外科医です。最近株価がレンジ相場で若干軟調ですね。(my)日本株は特に。

高配当株をメインにしている為、上昇しにくいのは承知の上ですがコロナ前のプラス益にまだ戻る気配がありません。低い時に買い増すことができれば今後上昇時早期にプラスになるのでしょうが、日本株より米国株を優先に買う方針なので仕方ないですね。

先輩株ブロガーはストイック・真面目多し

株ブログ界隈では目的に向かってストイックな方が多いですね。その第一人者が三菱サラリーマンさんですね。FIRE(経済的独立、早期リタイア)のため、一流企業で働きつつ支出の最適化(いわゆる世間での節約)をしつつ、投資を行い30歳(!!!)でホントにリタイアされた方です。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた
14歳から為替、22歳から株式。30歳セミリタイア/FIREを目指してきましたが、遂に実現しました。

バフェット太郎さんも、ハイテク株に投資しないなんて愚かだ!などといった周囲の口撃に揺らぐことなく、淡々と自分の選んだ高配当・連続増配株に毎月投資を継続していおり、ストイックと言えるでしょう。

バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】

たぱぞうさん、ちゅり男さん(神経内科医)は読者からの運用方針相談に対し懇切丁寧に回答されています。後輩医者に教えていても痛感しますが、誰かに教えるということはよっぽど知識と自信がなければできないことですね。

たぱぞうの米国株投資
米国株投資ブログ。某投資顧問のアドバイザー。メディア実績/日経マネー・ヴェリタス・CNBC・ザイなど
神経内科医ちゅり男のブログ
「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

その他のブロガーも総じて、銘柄分析をキチンと行っていたり、自分の決めたルールに則って投資を継続し、着実に資産を増やすことに注力されています。株以外にも不動産投資、太陽光発電、はたまた筋トレされている方多いですね。皆ムキムキの印象です。

何より定期的にブログを更新する人が多く、すごいです。毎日いち読者として楽しく読ませていただいておりますし、株を始めてみようと思ったきっかけでもあります。この場を借りて御礼申し上げます。

ちなみにみんな毎日定時にブログをアップするのってどうしてるんだろう?あと投稿毎のお洒落な写真とかきれいな女性の写真とか。初心者過ぎてやり方がわからない(笑)。

マイナー外科医はノンストイック

一方、私マイナー外科医はお世辞にもストイックではないです。

  • 自宅の仔犬を可愛がりすぎて試験に落ち留年しかかる、
  • 国試1週間前に徹夜でゴッドファーザーpart1~3みて興奮、デ・ニーロもアル・パチーノもカッコイイ!⇒他の出演作をツタヤで借りまくる、
  • 研修医修了に必須のレポートを締め切り当日まで完成させておらず、指導医を呆れ果てさせる、
  • 学会発表、論文作成大嫌いで上司から言われない限り極力避ける、
  • なにより学生時代から10kg以上増え、たるんだ体が全てを物語っている・・。

昔からやる気出るまで時間がかかるタイプではなく、ゲイラみたいな奴でしたしね。(息をするのも面倒状態。北斗の拳好きでした。)

こつこつやる人間でないのは自覚しています。もちろん今の仕事自体は好きなことだし、専門分野の勉強は給料を貰っており、命にかかわることなので当然のこととして継続しています。ただ忙しすぎるんですよね・・・。

ただ、資産運用を始めてからちょっとづつ変わってきてます。体重も減ってますしね。

ストイックじゃなくても投資は可

ストイックに、正しい方法で、決められたことを愚直に淡々と行うのが勉強にしろ、ダイエットにしろ、資産形成にしろベストです。

ただ、ストイックにできなければどうしたらいいか。それは、その方法をストイックだと思わない仕組みに落とし込む、ということが肝心ではないでしょうか。資産運用を自動化してしまうのです。

給料からの天引き貯蓄は身近な良い例ですね。強制力がありますし、引かれた分での生活を余儀なくされますのである意味節約になりますから。ただ貯蓄だけでは昨今の利率では資産を増やすことは到底不可能ですので、貯蓄ではなく株式クラスへの投資が必要になりますね。

また、資産運用するにあたって自分で株の銘柄選択や外貨両替・買付をすらなくせばより簡便になります。これは、まだ手数料がやや高めな印象ですが、WealthNaviやTHEOといったロボアドバイザーに資産運用をお任せすれば達成できますし、証券会社によっては優良(ここが大事!)な投資信託・ETF・株の自動買付サービスもありますしね。

優良な投資信託であれば、自動定期買付だけで、大多数の頻繁な株の売買をしている人より優秀な成績が期待できます。これは歴史が物語っています。そのあたりのことはインデックス投資をされている水瀬ケンイチさんのブログ、著作が詳しいですね。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。

なにも過度にストイックになる必要はないんです。怒られるかもしれませんが、株ブロガー達は皆自分を変態・マニアと自覚している方が多く、好きで銘柄分析や買付を行っているだけですから。マイナー外科医もそこに加わりたく日々勉強していますが、基本は投資信託の自動買付で十分と思っています。

最初の設定さえ正しく行えば、あとは資産運用など思慮の外において、通常通り日常生活を送っていても15~20年後には過去の傾向からはほぼ間違いなく資産が増えているでしょう。資産を増やしたい!と思った時が投資を始める時ですよ。

ただ、やっている内に趣味になってきて、もっともっと株を買いたいとなるので勝手にストイックになってくるんですよね。不思議です。

まとめ

資産運用は必ずしもストイックにする必要はなし

最初だけ労力が必要(証券会社口座設立、強制的に資産運用にお金を回す仕組み)

給料天引き、資産運用の自動化(ロボアドバイザー等)等のサービスを利用

コメント

タイトルとURLをコピーしました